情報を得る

現代において私達は様々な方法を用いて、様々な情報を得ることができます。スマートフォンやパソコン、タブレットなど、集積化、そして小型化が進むそれらの機器を用いることによって、自分たちが望む情報、またはそれ以外の情報も簡単に取り入れることができます。

その手段の一つに、Wi-Fiが位置しているに過ぎません。基本的にWi-Fiとは、無線LANの規格名であり、それによってワイヤレス形式で、指定のルータからWi-Fi対応機器との通信、インターネット利用が可能となります。Wi-Fiの用いられ方は限定されているように思えますが、現代ではそのようなことは無く、公衆無線LANなども普及しているように、私達はどこでも自分が望む情報を、しかも『高速』で取得することができるのです。

私達が情報を得ようとするとき、それが自分の意思であるか、または自分の意思で無いか、に関わらず、その情報に、自分に取ってどれくらいの価値があるか、という点を考えます。そして価値のあるとされる情報は記憶され、活用されますが、それ以外の情報は捨てられてしまうかもしれません。現代では様々な手段を獲るための方法がありますが、それらが達成しているのはあくまで手段であり、根本的な目的ではありません。

Wi-Fiと情報価値

ある人にとって非常に価値のあると思えるものが、自分にとってはほとんど価値の無い物である、ということは珍しくありません。それの価値をどのように決めるか、というのも私達自身ですし、様々な価値観がありますから、そのどれもが誰かにとっては『価値があるもの』であり、その価値がないものなどほとんどありません。

それは、有形のものだけでなく、いわゆる『情報』のような、無形のものであっても同様です。私達自信にとって価値があると思える情報であれば、私達はそれらの情報をより様々な仕方で活用したいと思います。それが、現代におけるインターネットのあり方の一つです。私達は自分で自由に情報を得ることができ、その情報を他の人にも共有することによって、その情報に関する価値を高めていくことが出来るのです。

情報に関する価値は、単にそれらがどのくらいの頻度でも散られているか、ということだけではありません。どの暗い多くの人がその情報に価値を見いだしているか、という点が必要です。多くの人に情報がわたるためには、その情報が渡り歩くための手段が必要となります。

それが、いわゆる『Wi-Fi』という方法です。3G通信や4G通信といった方法もそれに当たるでしょう。中でもWi-Fiはつい最近聴かない日が無くなったぐらいに普及してきた言葉ですが、その分多くの活用方法があります。では、私達が得る情報の価値をさらに高めるために、Wi-Fiをどのように活用できるでしょうか。