情報を得る

現代において私達は様々な方法を用いて、様々な情報を得ることができます。スマートフォンやパソコン、タブレットなど、集積化、そして小型化が進むそれらの機器を用いることによって、自分たちが望む情報、またはそれ以外の情報も簡単に取り入れることができます。

その手段の一つに、Wi-Fiが位置しているに過ぎません。基本的にWi-Fiとは、無線LANの規格名であり、それによってワイヤレス形式で、指定のルータからWi-Fi対応機器との通信、インターネット利用が可能となります。Wi-Fiの用いられ方は限定されているように思えますが、現代ではそのようなことは無く、公衆無線LANなども普及しているように、私達はどこでも自分が望む情報を、しかも『高速』で取得することができるのです。

私達が情報を得ようとするとき、それが自分の意思であるか、または自分の意思で無いか、に関わらず、その情報に、自分に取ってどれくらいの価値があるか、という点を考えます。そして価値のあるとされる情報は記憶され、活用されますが、それ以外の情報は捨てられてしまうかもしれません。現代では様々な手段を獲るための方法がありますが、それらが達成しているのはあくまで手段であり、根本的な目的ではありません。