情報を活用する

私達が気を付けなければいけないのは、それらの手段を用いて取得する情報の中には、『間違った』情報もあるという点です。いわゆる『デマ』という情報は、意外とかなりの大きい影響を与えます。そしてその情報が広く拡散されればされるほど、その情報が持つ影響力は大きくなります。

ですから私達にはいつでも情報を得ることのできるWi-Fiなどの方法が提供されていますが、それらを上手に使いこなせなければ、誤った情報を本当と信じてしまうようなユーザーになってしまうかもしれません。ぜひそういった事態は避けたいですね。

私達ユーザーには得た情報を活用する様々な機会が与えられています。もちろん、自分が知った情報を友人や家族など、他の人に話す、ということも一種の情報活用の一つですが、よりそれを実用的な方法で活用することができれば、多くの人の役に立てるでしょう。そこで自宅や外出先で用いることのできる公衆無線LANを利用することをおすすめします。確かにモバイル通信でもインターネット利用は可能ですが、速度面がまだ安定していないこともあり、繋がりにくい地域もありますので、公衆無線LANのような正しい方法をより多くの人に理解して貰う、ということも大切です。